脱毛お役立ち情報

鼻毛脱毛・自己処理方法は?ブラジリアンワックスGOSSO(ゴッソ)とは?

たった1本見えるだけで破壊力が凄まじい「鼻毛」。
男性は鼻毛カッターで処理しているイメージがありますが、女性でも鼻毛が伸びて処理しなくてはいけない人がいます。女性だって鼻毛は伸びます。


あるアンケートによると約85%の女性が鼻毛を処理してしたことがあり、今現在も鼻毛を処理している女性は約50%という結果があります。全く鼻毛を処理したことがない女性はわずか15%です。


多くの人が処理している鼻毛について、正しい処理方法などについて調べてみました。これだけみんなが処理している鼻毛をサロンやクリニックでも脱毛できないかと思い、そちらも調べましたので参考になればと思います。


鼻毛の役割


見た目では全く必要とされない鼻毛ですが、機能は重要です。


鼻毛は外部からの汚れ、ホコリ、雑菌などが体内へ入らないようにフィルターの役目をしています。
とくに花粉症の人には鼻毛は重要です。もし鼻毛が無かったら花粉症の症状が悪化するのは確実です。風邪やインフルエンザが流行る時期も鼻毛があるのと無いのとでは、発症率も違ってきます。
鼻毛はあたなの体を守るために必要な毛なのです。


鼻毛の大事な役割がもう1つあります。鼻毛はにおいを嗅ぎ分けるのに必要なのです。「嗅毛(きゅうもう)」という鼻毛があり、においを嗅覚神経に伝えています。毛がにおいを伝えていたなんて意外ですよね。


鼻毛が伸びやすい環境


1)汚れた空気
ホコリや化学物質など、空気中に異物が多い環境だと鼻毛は伸びやすくなります。身体は異物を入れないようにするので、汚れた空気を吸う機会が多い人ほど鼻毛が育ちやすいです。


2)喫煙
喫煙者は鼻毛が伸びやすいというのは聞いたことがあると思いますが、実際に喫煙者の鼻毛は伸びます。伸びる理由は想像通りで、タバコの成分は有害なので体内へ入れないようにと鼻毛が伸びてしまいます。


3)男性ホルモン
鼻毛は男性ホルモンの影響を受けやすい毛です。男性ホルモンが多いを鼻毛は成長しやすくなります。
女性はホルモンバランスが崩れると女性ホルモンが減少し男性ホルモンの割合が増えてしまいムダ毛の成長を促してしまうので、大豆製品など女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを意識的に摂る摂るようにするといいでしょう。


40歳以降の男性は伸び放題


ご年配の男性でまゆ毛が長く伸びている人を見かけたことはありませんか。まゆ毛だけでなく、耳毛がいっぱい生えている人もいます。


実は男性は40歳を過ぎた頃から老化現象で、まゆ毛、耳毛、鼻毛の生え変わりサイクルがくるってきます。毛は部位によって生え変わる期間があるのですが、その生え変わり期間が老化で長くなり伸びっぱなしの状態になってしまうのです。
生え変わらなかった毛はどんどん成長して太くしっかりした長い毛になります。


40歳過ぎた男性は鼻毛だけでなく、まゆ毛と耳毛を気にして処理すると清潔な見た目をキープできると思います。


鼻毛の自己処理方法


【鼻毛脱毛専用ブラジリアンワックス GOSSO(ゴッソ)】


GOSSO(ゴッソ)という鼻毛を一気に抜ける商品をご存知でしょうか。
YouTubeで検索すると一連の流れを紹介している動画たくさん出てくるので見てみてください笑


GOSSO(ゴッソ)はAmazonや楽天などで購入することができますし、ヴィレッジ・ヴァンガードなどの雑貨屋さんでも見かけます。


GOSSO(ゴッソ)はワックス脱毛で、電子レンジで温め溶かしたワックスを付属の棒に付け、鼻の穴に入れます。1分ほどでワックスが固まるので、あとは一気に引き抜くだけです

使用者によると、鼻の穴からはみ出たワックスが多いほど皮膚に密着して剥がしにくくなるので、なるべる鼻の穴だけにワックスがつくようにすると痛みが少なく簡単に抜けるそうです。


ちなみに1本の鼻毛を抜いたときの痛みよりも、GOSSO(ゴッソ)で一気に抜いた痛みの方が強いように思えますが、GOSSO(ゴッソ)の痛みはそれほど激痛ではないそうです。


【毛抜き】


毛抜きを使って鼻毛を抜く、指で引き抜くなど鼻毛を抜いて処理する人もいます。
しかし、鼻の中は粘膜なので傷つきやすいので注意が必要です。また、鼻の穴の入り口付近は雑菌が多いので、傷ついたところから化膿してしまう場合があります。
化膿が悪化すると、菌が脳へいき脳炎や髄膜炎になり最悪死に至るケースもあるそうです。鼻毛を抜くことはオススメできません。


【鼻毛カッター・鼻毛ハサミ】


鼻毛は抜くよりも切った方が安全です。
鼻毛を切る時のポイントは「奥に生えている鼻毛をまで切らない」ということ。穴の入り口付近の鼻毛を短くカットするだけ十分です。

 

脱毛ラボの顔脱毛なら「鼻毛」も範囲内


全身脱毛のプランには含まれていませんが、脱毛ラボでは「鼻毛」を脱毛することができます。


脱毛ラボでは、1回単発脱毛プランがあります。Sパーツ、Mパーツ、Lパーツに分かれており、鼻毛はLパーツになります。
ただし、鼻毛は光脱毛ではなくワックス脱毛のようです。GOSSO(ゴッソ)と同じようなものだそうです。


クリニックでの鼻毛脱毛


クリニックでも鼻毛脱毛ができるところがありますが、敏感な部位なので脱毛できるクリニックは少ないです。それだけ鼻毛脱毛はリスクがあると考えていいでしょう。


リスクがあるからこそ、クリニックでの鼻毛脱毛が安心だと思います。


□鼻毛脱毛できるクリニック
 ・ゴリラクリニック
 ・ビューティースキンクリニック
 ・聖心美容クリニック(ソプラノアイスプラチナム/蓄熱式)
 ・東京皮膚科 形成外科


鼻毛脱毛のデメリット


鼻毛脱毛をした場合、出てくる可能性のある症状があります。
 ・鼻水が止まらない
 ・ドライノーズ(鼻の粘膜が乾燥する)
 ・嗅覚、味覚がにぶくなる
 ・菌やホコリが入りやすくなり病気になりやすい


鼻毛を脱毛してからこのような症状が出たからといって、もう一度な鼻毛を伸ばしたいと思っても鼻毛は生えてきません。
見た目を重視するあまり、鼻毛の機能を無視してしまうと大変なことになってしまうので、どこまで鼻毛を脱毛するのか医師と相談しながら脱毛しましょう。


余談:鼻毛が出ていることを教えてあげる、鼻毛通知代理サービス 「チョロリ」


鼻毛が出ている人に「鼻毛出てますよー」って教えてあげるのって勇気がいりますよね。言われた相手の気持ちになると、言いたくてもなかなか言ってあげられない。


かと言って、鼻毛が出ていた人が鏡を見た時に「ずっと鼻毛出てたのに、あの人スルーしてたんだ...恥ずかしい」って思われるのも複雑で...鼻毛が出ている時の正解の対処法が分かりません。


そんな誰もが困っていた問題に、画期的なサービスを発見しました。
【鼻毛通知代理サービス「チョロリ」】です。
http://hanage.info/


メールで鼻毛が出ていることを知らせてくれるサービスで、誰が報告したかはわかりにくくなっているのがポイントです。


 ・鼻毛が出ている人の名前
 ・鼻毛が出ている人のメールアドレス
 ・出ていた穴
 ・出ていた本数
 ・鼻毛が出ている人との関係
 ・鼻毛が手ている人にお願い


鼻毛が出ていることをどうしても指摘してあげた時に使ってみようと思います。


まとめ


・鼻毛を脱毛できるクリニックがある
・鼻毛は、フィルターの役目、においを嗅ぎ分ける役目がある
・鼻毛がなくなると出る症状
  鼻水が止まらない
  ドライノーズ(鼻の粘膜が乾燥する)
  嗅覚、味覚がにぶくなる
  菌やホコリが入りやすくなり病気になりやすい
・鼻毛を自己処理する時は鼻毛カッターやハサミで毛をカットしましょう
・奥の鼻毛までカットしない
・鼻毛は抜かない(化膿しやすいため)






eワラント