脱毛お役立ち情報

脱毛するのに日焼けがNGな理由とは?脱毛の効果が減る?

日焼けした肌には、脱毛ができないサロンやクリニックがほとんどなのはご存知でしょうか?


ちょっとくらいの日焼けなら大丈夫だろうと思いがちですが、実際わたしも日焼けで脱毛が最低1ヶ月後までお休みになったことがあります。せっかく時間をつくって予約したのにもかかわらず、何もしないで帰らなくてはいけないのは本当にがっかりです。
安易に日焼けをしてしまった自分が悪いのですが、これくらい大丈夫だろうと思った日焼けでもNGでした。



それでは、なぜここまで徹底して日焼けがNGなのか解説していきます。
また、最近では日焼けOKな脱毛もありますので、こちらも紹介します。


脱毛に日焼けがNGな理由


【脱毛の効果が減る】
 日焼けした肌は、メラニン色素が集まったことで黒くなっています。脱毛機の照射は黒い色に反応するため、ムダ毛以外に黒い肌にも反応してしまうため、脱毛の照射が分散してしまし脱毛の効果が減ってしまします。


【痛みが強くなる】
日焼けすると肌が乾燥します。乾燥していると痛みが強くなるので保湿することが重要です。また、脱毛機の照射も黒い肌に当たり痛みが発生します。


【火傷などの肌トラブルを起こしやすい】
 黒い肌にも照射されるということは、火傷や肌トラブルの原因になります。


【シミができやすい】
 脱毛後の肌は敏感な状態なときにも日焼けは要注意です。脱毛して1週間以内は紫外線に当たってしまうとシミになりやすいです。脱毛後も必ず紫外線対策しましょう。
 

日焼けしてサロンやクリニックに行くと・・・


もし、日焼けしてサロンやクリニックへ行くと脱毛はしてもらえるのでしょうか。


答えは、脱毛してもらえません。
どれだけの日焼けがNGなのかは、サロンやクリニックの判断しだいなので、ここまでの日焼けならOKという明確な基準はありません。


わたしが日焼けでNGだった時は、肌の色とムダ毛の色の違いを見て判断しているようでした。わたしのムダ毛はどちらかというと茶色っぽいので、日焼けした肌とムダ毛色の差が少なく最低で1ヶ月後に再度予約をいれることになりました。


1ヶ月後そんなに肌の色が白くなったとは思えなかったのですが、一番弱い出力で照射してもらえました。照射から2週間後、ムダ毛が抜け始めたので一番弱い出力でも脱毛の効果があり一安心でした。


小麦色に日焼けしてしまったときの対処法



日焼けの度合いにもより対処法は変わってきますが、早めにケアすることでその後の肌が変わってきます。ヒドい炎症やシミにさせないためにも、正しい日焼け対処法を紹介していきます。


1、まずは冷やす
日焼けをしてしまったら、まずはなるべく早く冷やすことが大切です。
真っ赤になりヒリヒリするときは、軽い火傷と同じ状態です。まずは炎症を抑えるために、弱く出した冷たいシャワーを浴びる、1日に数回 保冷剤を数分間あてるなどして肌を冷やしましょう。
軽い日焼けであれば、冷水で濡らしたタオルを当てましょう。


2、お風呂の入り方
日焼けの程度にもよりますが、赤くヒリヒリするときは、石鹸も刺激になる可能性が高いので無理に使う必要はありません。石鹸やボディソープを使っても低刺激のものにしましょう。
忘れがちなのが、頭皮の日焼け。シャンプーは控えぬるま湯で洗い流すだけでもOKです。もちろん頭皮も冷やしてあげましょう。そのまま放置すると抜け毛の原因になります。
湯船には無理して入る必要はありません。もし入りたい場合は38?39℃くらいの温めのお湯にしましょう。


3、保湿
炎症が落ち着いたら、保湿してあげましょう。
炎症があるうちに化粧水など刺激のあるものをつけるのは、肌に負担があるのでNGです。


4、水分補給
水分を摂って内側からからも保湿してあげましょう。
水で大丈夫ですが、体に吸収されやすい経口補水液もオススメです。また汗を沢山かいたときにはスポーツドリンクで水分補給するといいでしょう。


5、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE
肌のダメージを早く回復させるにはビタミンを摂り内側からケアしましょう。


 ビタミンA:皮膚や粘膜を保護、コラーゲン生成、抗酸化作用(かぼちゃ、にんじん、トマト、しそなど)
 ビタミンC:ターンオーバー活性化、抗酸化作用(レモン、いちご、キウイ、アセロラ、ブロッコリー、パプリカ、パセリ、トマトなど)
 ビタミンE:強い抗酸化作用、ビタミンCと一緒に摂ることで効果UP(アボカド、ナッツ、大豆、ゴマなど)


抗酸化作用とは、老化防止のこと。シミやシワの原因になる活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。


日焼けOKなサロン・クリニック


クリニックで扱っている医療レーザーの「メディオスターNeXT PRO」と「ジェントルYAG」などのYAGレーザーは、日焼けした黒い肌でも脱毛することができます。
有名なクリニックだと「リゼクリニック」「クレアクリニック」「湘南美容クリニック」などが取り扱いしています。


脱毛サロンでは、SHR脱毛の「STLASSH(ストラッシュ)」「La coco(ラココ)」なら日焼けした肌でも脱毛することができます。


ただし日焼けした肌でも脱毛OKなサロンやクリニックでも、日焼けした直後の赤く炎症を起こした状態の肌には脱毛することができません。どこまでの日焼けがOKなのかわからない場合は、各サロンやクリニックでの判断になりますので、一度相談してみるといいでしょう。


まとめ



・日焼け直後で炎症(赤い、ヒリヒリ、水膨れなど)を起こしているときは脱毛NG
・小麦色(黒く)なると脱毛NG
・1ー3ヶ月くらい脱毛はお休み
・脱毛を完了するまでは日焼けしないのが基本

・日焼けOKな脱毛機
 クリニック:メディオスターNeXT PRO、ジェントルYAG
 脱毛サロン:SHR脱毛






eワラント