脱毛お役立ち情報

ハイジニーナ脱毛の痛みの疑問や恥ずかしいという不安


ハイジニーナ脱毛は不潔になりやすいデリケートな部分の毛をなくして、すっきりさせる方法です。ほかにも自己処理の必要がなくなるなどの魅力がありますが、興味と同じくらい疑問や不安を抱く人も多いです。


その代表的なものが、施術中に感じる痛みの度合いです。


特殊なレーザーの熱を毛根に作用させるため、皮膚の表面にダメージとなることはありませんが、このときの熱さで痛みが起こります。感じ方は人それぞれですから一概には言えませんが、だいたいVの次にO、Iの順番で痛みが強くなる傾向があります。


これはIとOが粘膜に近いためであり、中でも特にIは肌の色素が濃いせいで、メラニン色素に反応するレーザーの影響で1番痛みを感じやすいです。とはいえ少しでも痛みを抑えられるよう、笑気麻酔や麻酔クリーム、テープ麻酔などを用意しているところもありますから、そういう場所を利用すると安心です。


次に多いのが、恥ずかしい部分を他人にさらけ出すのは不安ということです。


普段は下着で覆いガードしておく箇所のため、そう思うのは当然であり、誰しもが抱く不安だと言えます。この点では同性がハイジニーナ脱毛を行ってくれる場所や、紙パンツを使用するところを選択することで多少は解決できます。一気に施術を行うわけではなく、レーザーを当てる部分だけを紙パンツをずらして脱毛していくため、恥ずかしい思いをすることはありません。


また、施術者は毎日多くの人を担当しているがゆえに、仕事として割り切っています。ベッドに横たわっている側は恥ずかしいとしても、脱毛を進めていく側は、そのことに対して何も感じていないのです。


そんなハイジニーナ脱毛を受けることで得られるのは、手入れをしなくても維持できる清潔感です。毛がなくなった分、湿気がこもらず、イヤな蒸れも起こりにくくなります。


トイレにいったときや生理時なども、毛に尿や血液が付着することがなく、清潔な状態を保てます。比較的チェックしやすいVとIに比べ、自分の目では見えにくいOまで清潔でいられることも最大の魅力です。


関連ページ

毛抜きを使ったムダ毛処理には多くのデメリットがあります
敏感肌やアトピーやにきびが気になるときの脱毛
最近の高校生の脱毛事情は?脱毛サロンってまだ早い?学割はきくの?
おなかの毛の脱毛のきっかけは恥ずかしいという人は多い
自宅での脱毛器の使用頻度は毛周期を意識して決める






千葉のおすすめ脱毛サロン

 

千葉の脱毛コラム

 

脱毛お役立ち情報

 

脱毛アンケート調査

 

eワラント