脱毛お役立ち情報

毛抜きを使ったムダ毛処理には多くのデメリットがあります


毛抜きは安価で比較的入手しやすく使いやすいため、自分でムダ毛処理を行う際にはとても便利なアイテムです。しかし使用する前には、それ以上に多くのデメリットが存在していることを覚えておくことが大切です。その毛抜きのデメリットとして1番に挙げられるのは、毛を抜く際に感じる強い痛みです。ムダ毛処理するときは毛抜きを使い1本1本の毛を抜くことになるため、その都度痛みを我慢しなければなりません。


次に、毛がなくなっても毛穴は開いたままとなり、見た目がボツボツしてしまうこともデメリットの1つだと言えます。脱毛のように肌内部の細胞に刺激を与えることで、毛穴の引き締めを促す方法とは違い、ただ毛を抜くだけですから毛穴が目立ちやすくなってしまうのです。そればかりか、無理やり力を加えて毛を抜くせいで、毛の生え始めである毛根部分の細胞を一緒にひきちぎることにもなります。


これにより大きな負担を受けた肌は荒れやすくなったり、傷ついたところからばい菌が入り込み炎症を起こしたりすることもあります。その炎症が悪化し化膿が進んで毛嚢炎につながれば、見た目が酷くなることは免れません。こういった炎症を避けるためには、毛抜きを消毒しておくのはもちろん、処理する部分も清潔にしておくことが求められます。


埋没毛のリスクも


また、毛抜きを使ったムダ毛処理には、埋没毛が起こりやすくなるというデメリットもあります。通常伸びてきた毛は皮膚の外側に出てくるのですが、これがうまくいかずに皮膚の下で育つのです。


行き場をなくし狭いスペースにて生え続けるため、特に毛が濃い人は小さなほくろのようにも見えてしまいます。毛抜きで処理したあと、これがたくさん起これば、肌荒れなどとは違った酷い見た目になりうるのです。


その原因は、毛抜きで処理することで刺激を受けた肌が、体を守ろうとかさぶたをつくってしまうからです。


埋没毛になりやすい人はムダ毛処理を続ける限り、同じ症状を繰り返す傾向にあるほか、それを治そうとして無理にほじくって、さらに肌に負担をかけてしまうことも多いです。


関連ページ

敏感肌やアトピーやにきびが気になるときの脱毛
最近の高校生の脱毛事情は?脱毛サロンってまだ早い?学割はきくの?
ハイジニーナ脱毛の痛みの疑問や恥ずかしいという不安
おなかの毛の脱毛のきっかけは恥ずかしいという人は多い
自宅での脱毛器の使用頻度は毛周期を意識して決める






千葉のおすすめ脱毛サロン

 

千葉の脱毛コラム

 

脱毛お役立ち情報

 

eワラント