脱毛お役立ち情報

子供も脱毛できるキッズ脱毛?脱毛に適した年齢とは?

最近聞くようになった「キッズ脱毛」


えっ!?子供が脱毛?と思う人もいるでしょう。
子供(特に女の子)も、大人のように身体の毛が毛深いことに悩んでいるのです。


どうにかして毛深いことを友達に知られないように、知識のないまま カミソリなどで自己処理してしまうと肌トラブルを起こしたり、毛の断面が太く見えて余計に濃く見えてしまうなど さらに悪化させてしまう可能性もあるのです。


思春期に体毛は濃くなるってホント??



幼児期に体毛が濃いのは遺伝的要素も大きいです。
まだホルモンの影響を受ける年齢ではないため、両親もしくは祖父母の誰かが体毛が濃い場合、遺伝として現れることもあるのです。


10歳頃から第二次性徴期(思春期)に入る子が増え、ホルモンの分泌によって性毛と呼ばれるワキ毛や陰毛など生え始め、手足や顔の産毛が濃くなる、女の子は胸が膨らみ、男の子はひげや声変わりなど様々な変化が起こります。


思春期の女の子は女性ホルモンの分泌が一気に増え始めます。女性ホルモンだけでなく、同時に男性ホルモンの量も増えてきます。男性ホルモンは体毛を濃く太くする働きをもっていて、その影響で女の子も体毛が濃くなる場合もあるのです。


ですが毛深くなるのは一時的なもので、思春期を過ぎるとホルモンバランスが整い毛深いのもおさまってくることが大半ですが、多感なお年頃の女の子たちにとっては切実な悩みなのです。


ムダ毛の正しい対処方法


体毛が気になると、ついついカミソリで処理してしまいがちです。
手軽にキレイに剃れますが、その分肌を傷つけやすいので、あまりおすすめできない処理方法です。


また、ワキの処理は毛抜きで抜いてしまう人も多いです。
毛根から抜いてしまえば、しばらくの間生えてこないので処理の間隔があく。というメリットもありますが、抜いた毛穴が炎症を起こしてしまうなどのトラブルを起こすリスクも高いです。


ムダ毛処理でオススメの方法は、電気シェバ?です。
安全性が高く肌への負担が最も少ない方法です。しかし、数ミリは残ってしまうためチクチク感は残ってしまいます・・・


根本的にムダ毛をなくすには「脱毛」するのが1番です!


冒頭にも書いたように「キッズ脱毛」「子ども脱毛」を行っているサロンも増えてきました。
子ども専用の脱毛マシンやコースがあるサロンをみていきましょう。


子どもが受けられる脱毛コースがあるサロン



【ディオーネ】
ほぼ痛みを感じないハイパースキン脱毛。
ハイパースキン脱毛 はこれから生えてくる毛の種にアプローチする予防型の脱毛。
蓄熱方式で熱さや痛みもなく、ホットジェルの温かみを感じる程度。肌へのダメージは0
使用している脱毛マシンは【ハイパースキンカレン】小中学生だけでなく、3歳から施術が可能!


体験価格 7560円(施術時間 30分)
お子様全身脱毛コース 180000円から360000円(年齢によって価格が違います)


【エピレ】
エピレはエステティックのTBCがプロデュースする脱毛専用サロン。エピレの【キッズ脱毛】
は7歳から施術できます!
使用している脱毛器は、日本人女性の肌に合わせて開発したTBCオリジナル脱毛器【フェリークFv4】
日本エステティック振興協議会が定めた安全基準「美容脱毛機器適合審査基準」に合格した安全な脱毛機です。


ヘアサイクル(毛周期)に合わせて施術し、メラニン色素に反応する光を照射して毛の製造工場にアプローチしていきます。
子どもの細い毛は光を拾いづらく、さほど強い痛みもなく脱毛できるようですが、毛の太さ・濃さは個人差があるため、太い毛は輪ゴムを弾いたような痛みを感じることもあるようです。


中学生以下ならファーストプランを契約可能。ファーストプランは通常価格よりも79%から98%安く脱毛できるプランです。


初めて割価格 両ワキ脱毛6回プラン 500円・19部位から選べる2ヶ所脱毛プラン(同部位2回に変更) 980円


【RinRin】
脱毛機メーカー直営の脱毛サロン。
使用している脱毛機は日本人の毛質・肌質に合わせた国産の「エアクールフラッシュ」「ドゥトゥークール」(エステティックサロン機器認証を取得した安心・安全な脱毛機。照射レベルは15段階まであり、肌に合わせて細かく設定が可能。
特殊な光をあてて行う美容ライト脱毛。痛みや肌トラブルもない美肌脱毛が可能です。


【キッズ脱毛】(対象 小学校6年生まで)
両ワキ or 鼻下 通い放題 500円
鼻下脱毛 12回 3980円(12回終了後は無制限で1ショット100円)


【カレン】
カレンは脱毛機メーカー直営サロンで、日本で最初に子供脱毛を始めたサロン。
無痛脱毛と言われるほど痛みの少ないハイパースキン脱毛。


使用している脱毛機は"発毛予防理論"に基づいた「ハイパースキンカレン」
特殊な光を発毛因子(バルジ)に照射して、細胞分裂を減退させ、発毛を抑えます。
この脱毛機は、「ムダ毛に悩む女の子の父親」が開発した脱毛機。


子ども脱毛 12回コースを契約でアフターケア 20歳までメンテナンス無料
*成長期はホルモンバランスの影響で毛周期が不規則になり脱毛効果も乱れるため、20歳までメンテナンス無料。


両ワキ脱毛完全完了コース 30000円
20ヶ所 フリーセレクト脱毛 10回 30000円
全身脱毛 12回 27000円


脱毛を始める適齢期ってあるの??



ディオーネは3歳から、エピレ・TBC、カレンは7歳から、シースリーは10歳から、ジェイエステティックは中学生以上から脱毛を始められます。


一方で、恋肌や銀座カラーは16歳以上となっています。
その他、年齢制限を明記していないサロンでも「生理がきちんときているかどうか」「保護者の同意があるか」などの条件もあります。


大手脱毛サロン ミュゼに関していうと、脱毛が可能な年齢をはっきりと明記はしていませんが、「ワキ・Vラインの脱毛し放題」は16歳以上としていて、15歳以下は6回と回数を制限しています。何歳からならOKとは言っていなくても、16歳以上が適していることを指しているとも取れます。


子どもでもOKのサロンと、そうでないサロンがあるのか??
その理由は大きく2つあります。


1つは肌トラブルのリスク、2つめは脱毛効果が十分に得られるかどうか分からない。ということです。


1.肌トラブルのリスクがある
子供の皮膚はとても薄く、大人と同じ皮膚の厚さになるのが16歳頃と言われています。
そのため、とてもダメージを受けやすく火傷のリスクが高く、脱毛時のちょっとした刺激でもかぶれたり、乾燥したりと肌トラブルを起こしやすいのです。


光脱毛やレーザー脱毛などの脱毛を子供が行うことがとてもリスクが高いので、あまりおすすめできないということが理由の1つです。


2.脱毛効果を十分に得られない可能性がある
女の子は生理が始まり、周期が安定してくる頃が脱毛を始めるのに適しているとされています。
その理由を裏付けるように、多くのサロンが「生理がきちんときている」「生理が2回以上きている」など、初潮を迎え、ある程度周期が安定しているかどうかを判断基準にしています。


生理の周期を基準にしているのは、思春期はホルモンバランスが不安定な為、ヘアサイクル(毛周期)の周期も安定していないため、脱毛効果を十分に得られない可能性がある。ということが挙げられます。


上記のような理由で、16歳未満での脱毛はリスクも高く 大人と同じような脱毛効果(永久脱毛や減毛効果)は期待できない。ということです。


まとめ



「キッズ脱毛」「こども脱毛」を謳っているサロンは、ハイパースキン脱毛機を採用していて、脱毛の適齢期と言われる16歳に満たなくても、肌へのリスクもなく高い脱毛効果が得られる可能性があるのです!!


従来の光脱毛やレーザー脱毛ではできなかった、子供にも安全・安心な脱毛方法が「ハイパースキン脱毛」です!!
脱毛方法によっては、小さな子供でも施術ができるということです!


ムダ毛で悩んでいるお子さんにとって救世主のような存在かもしれませんよ!!






eワラント