脱毛お役立ち情報

抑毛ローションの効果・選び方は?豆乳ローションは手作りできる?

抑毛ローションをご存知でしょうか。


ムダ毛に抑毛ローションを塗り続けると、だんだんムダ毛が細く薄くなるというものです。
抑毛ローションを使ったことがないわたしは正直、気休め程度の効果じゃないかと思っています。もちろん、ムダ毛が全くなくなるとは思っていませんが、なんとなく薄くなったかなー程度だと想像しています。


実際、抑毛ローションの効果はどうなのでしょう。
まずは、たくさんの種類がある抑毛ローションの選び方などについて詳しく見ていきたいと思います。


抑毛ローションの選び方



・成分を見る


「イソフラボン」と「パイナップル成分」には抑毛する効果があります。


イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることで有名ですが、直接塗ることでも効果がありムダ毛をだんだん細く薄くする効果があります。イソフラボンは通常分子が大きいため浸透しにくいので、高浸透タイプを選ぶといいでしょう。


パイナップル成分には、ブロメライン酵素という酵素が含まれていて、タンパク質を分解します。毛はタンパク質なので、ムダ毛がだんだんと柔らかくなります。またムダ毛の成長も抑制します。太いムダ毛の人はパイナップル成分がオススメです。
ムダ毛を弱らせる効果のある酵素は他にも、パパイヤのパパイン酵素もあります。


「チオグリコール酸カルシウム」
抑毛ローションの成分で、チオグリコール酸カルシウムという成分が入った商品もあります。
チオグリコール酸カルシウムとは、除毛クリームに入っている成分でムダ毛を溶かす効果があります。抑毛の効果を強くするために含まれていることがあります。


肌が弱い人が毎日塗るのにはチオグリコール酸カルシウムが入った抑毛ローションは刺激が強すぎると思います。よっぽど肌が強い人以外はチオグリコール酸カルシウムは避けたほうがよさそうです。


・続けられる金額


抑毛ローションの効果を実感できるまでに、即効性はなく、長期間使い続けることでだんだんとムダ毛が薄く、細くなっていくものです。


抑毛ローション1本使い切ってもまだ、実感できないこともあります。なかなか効果が現れないものに追加で購入できる人も少ないのではないでしょうか。(わたしがそうなりそうです笑)
ですが、抑毛ローションはそういうものだと思って使い続けると効果が実感できるそうです。


使い続けられる金額の抑毛ローションを選びましょう。商品によって価格の差がかなりあるので、自分がいくらまで投資できるのかよく考えて選ぶといいでしょう。


抑毛ローションはいつ頃効くのか?


抑毛ローションの効果を実感できるまで、どのくらいかかるのでしょうか。
個人差や抑毛ローションにもよりますが、ほとんどの商品が3ヶ月以上、毎日使うことを推奨しています。


つまり、3ヶ月後頃からムダ毛が細くなった、薄くなったと実感できるようです。とはいえ、効果には個人差があるようでもっと早く1ヶ月ほどで実感できる人もいれば、半年以上使ったのに効果を実感できない人もいます。


使ってみないと効果があるのかわからないとなると、なかなか手を出しにくくなります。
抑毛ローションには、返金制度のある商品もあります。


抑毛ローションを手作り


抑毛ローションを手作りできることはご存知でしょうか。
ネットで「豆乳ローション」と検索すると作り方などがでてくるほど有名なようです。


では、低価格で抑毛効果のある豆乳ローションの作り方を紹介します。


【材料】
 ・無調整豆乳 250ml
 ・レモン 1コ
 ・消毒用エタノール 大さじ4?5


【作り方】
 1、豆乳を弱火でかき混ぜながら60℃まで温める(温めすぎは成分が壊れます)
 2、レモン汁を入れる
 3、豆乳が固まってきたら火を止める
 4、消毒用エタノールを入れる
 5、ザルに手ぬぐいを敷き、その上にキッチンペーパー2枚のせ、豆乳を流し入れる
 6、豆乳が冷めたら、手ぬぐいを絞り、容器に入れて完成


200mlくらいの豆乳ローションができます。冷蔵庫で保管し1ヶ月で使い切りましょう。
朝晩2回、毎日塗ると早く効果を実感できます。


・豆乳ローションの効果を高めるコツ


豆乳ローションの効果を高める一番の近道は、「毎日忘れずに塗る」ことです。やったりやらなかったりではより効果を実感するまでに時間がかかってしまう可能性が高くなります。
タイミングはお風呂上がりすぐです。ムダ毛の処理をした後も浸透しやすいのでオススメです。


より効果を早く実感したいという人は朝晩の2回をオススメします。たっぷり使うことでしっかり浸透させます。


・豆乳ローションの注意点


豆乳ローションはアルコールが入っているので肌が乾燥しやすいです。豆乳ローション後は保湿を忘れないようにしましょう。


また、アルコールで肌が赤くなったり、肌荒れする人がいます。初めはパッチテストを行い、異常がなければ使いましょう。体調によって反応するときもあります。何度かパッチテストをやっても赤みがでるなどの場合は残念ながら使うことができません。


「尿素」が入ったものは豆乳ローションと一緒に使ってはいけません。尿素と豆乳ローションが混ざると、アンモニアに変化します。アンモニアは臭いので、使っている化粧品などの成分に尿素が入っていないかチェックしてくださいね。


・豆乳ローションの抑毛効果以外の嬉しい効果
 ・キメが整う
 ・ハリが出る
 ・黒ずみが薄くなる
 

有名な抑毛ローション


【パイナップル豆乳ローション】鈴木ハーブ研究所

14年の実績がある、パイナップル豆乳ローションです。14年も販売し続けることができるということは、効果がある証拠だと感じます。
また、30日間の返金保証付きなのも、効果に自信がある表れなのではと思います。


通常価格2,700円(税込)/毎月1本定期コースで初回1,350円(税込)送料込
・内容量100ml 
・30日間返金保証付き


【NEWコントロールジェルME】

開発、販売から23年の実績があるNEWコントロールジェルMEです。8回もバージョンアップしているので品質は良さそうです。
ちょっと価格が高いので購入を迷ってしまいますが、使用後でも60日間の全額返金保証がついているので安心です。


通常価格6,980円(税込)/初回特別価格5,800円(税込)送料別
・内容量150ml 
・60日間返金保証付き


【アフターケアトリートメント(ハード)】シーズンズ

2010年に発売されたシーズンズ アフターケアトリートメント (ハード)です。
ソフトとハードがありますが、除毛や脱毛を繰り返す太く濃い毛用に開発されたのはハードです。ハードをオススメします。ネットショッピングだけでなくドラッグストアなどでも手軽に購入することができます。


764円(税込)
・内容量200ml


まとめ



・抑毛ローションは即効性はない
・毎日続けることが効果を実感できる近道
・最低3ヶ月は使い続けることを推奨
・手作りの豆乳ローションもオススメ
・豆乳ローションは尿素と一緒に使わない
・抑毛効果だけでなく、美肌、黒ずみを薄くする効果がある






eワラント