脱毛お役立ち情報

タバコ・睡眠不足がムダ毛を濃くする?ムダ毛を薄くする方法は?

タバコを吸っていない人と比べて、喫煙者はムダ毛が濃くなりやすいってご存知ですか?



わたしはタバコを吸いませんがもともと毛深いです。旦那は喫煙者ですがムダ毛はほとんど生えていません。ですので、もともとの遺伝による毛深さの差はありますが、それよりもムダ毛が濃くなったり薄くなったりは、生活習慣や食生活次第で変えることができます。


では、ムダ毛が増えやすい条件と薄くなる条件について解説していきます。


タバコでムダ毛が濃くなる理由


タバコを吸っている人はムダ毛が濃くなりやすいという事実があります。


なぜ喫煙者はムダ毛が濃くなってしまうかというと、タバコは卵巣の働きを鈍くして女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を減らしてしまうからです。
通常、女性には5?10%の男性ホルモンが分泌されています。女性ホルモンが減ることで男性ホルモン分泌量の割合が増えてしまいます。


男性ホルモンが体に及ぼす働きは、脂肪の増加を抑えるというダイエット中の人にはうれしい効果があります。また、筋肉や骨を発達しやすくなるので筋トレをしている人にも必要です。
他には、意外にも男性ホルモン(テストステロン)は精神を安定させてくれます。


そんなうれしい効果だけでなく、ムダ毛を濃くする残念な効果もあります。タバコは男性ホルモンの割合が多くなることでムダ毛を濃くしてしまうのです。


副流煙にも気をつけましょう


よく問題視されているタバコの副流煙ですが、直接タバコを吸っているわけではないので影響があるといっても大したことはないだろうと思っていませんか?実は影響は大です。


旦那が喫煙者、職場が喫煙OK、パチンコ店など副流煙を吸ってしまう環境の人は、喫煙者と同じくらい影響があるそうです。


先ほど説明したように、タバコは卵巣に悪影響を及ぼし、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を減らしてしまします。副流煙が原因でホルモンバランスが崩れている可能性があるので、そのような環境で生活している人は気をつけてみると、ムダ毛に変化があるかもしれれません。


睡眠不足でムダ毛が増える?



睡眠とムダ毛は一見なんの関係もなさそうですが、実は睡眠不足もムダ毛を濃くする原因の1つです。


【睡眠不足がムダ毛を濃くする理由】
睡眠不足
 ↓
自律神経の乱れ
 ↓
ホルモンバランスが崩れる
 ↓
男性ホルモンが増える


睡眠不足はムダ毛が濃くなる以外にも、肌を荒れさせたり、寝ている間の脂肪燃焼を減らしてしまったり、内蔵の回復を遅らせたりと、何一つメリットがありません。


自律神経が乱れないように、しっかり良い睡眠を心がけましょう。


ムダ毛を薄くする方法


1、大豆製品

大豆製品には女性ホルモンの働きに似た効果のある「大豆イソフラボン」が有名です。
しっかり女性ホルモンに似た効果が証明されているので、1日の摂取量も決められています。
 【イソフラボン 1日の摂取量:70?75mg】


女性ホルモンが増えるからといってイソフラボンを過剰摂取すると、逆にホルモンバランスを崩してしまうので気をつけましょう。


2、体を温める

体を冷やすと、女性ホルモンの分泌が減ります。
特に、お腹周りの冷えは要注意です。卵巣が冷え、女性ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンの分泌低下することでホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの割合が増えることになります。男性ホルモン割合が増えてしまうと、ムダ毛が濃くなってしまいます。


ムダ毛だけでなく、体の冷えは血流が悪くなることで、抵抗力が落ち病気をしやすくなったり、基礎代謝が落ち脂肪が燃焼しにくい状態になります。
首、手首、足首など、首がつくところを温めると冷えにくいです。


運動で体を温めることもオススメです。運動することで筋肉量が増えれば体温を維持しやすくなり冷えにくい体になります。
また、運動する人は女性ホルモンの働きが良いという研究結果もあるので、積極的に運動を取り入れましょう。


3、質の良い睡眠

健康の基本は良い睡眠です。色んな健康の悩みなどがありますが、大体は睡眠不足からの影響がほとんどです。
意外と知られていないのが睡眠で痩せられるということ。質の良い睡眠は痩せるのです。


【質の良い睡眠の方法】
・朝、太陽の光を浴びる
・昼寝をする場合は、昼食後から午後3時までに30分未満
・寝る3時間前には夕食を食べる
・ぬるま湯(38?40℃)に5?30分浸かる
・寝る前に軽いストレッチ
・日付が変わる前に就寝
・寝る直前までスマホを触らない


ホルモンバランスを崩れないように、質の良い睡眠をとるようにしましょう。


まとめ



・タバコは女性ホルモンを減らしてしまう
・タバコを吸っていなくても副流煙を吸ってしまうと悪影響は同じ
・ムダ毛が濃くならないようにするには、「大豆製品・体を温める・睡眠」
・ホルモンバランスを整えることでムダ毛を薄くすることも可能






eワラント