脱毛お役立ち情報

顔の産毛は処理しにくい?顔脱毛の効果・メリットとは?

顔の産毛。
処理し忘れると、男性が1番ドン引きしてしまう女性のムダ毛の1つです。


私の知り合いでもいたのですが、すごくきれいな子で当時まだ大学生くらいだったと思います。
最初は、きれいな子=キチンと処理していると思い込んでいたので、気にも止めていなかったのですが、
ある時、ふさふさと生えている口周りの産毛に気づいてしまったのです・・・


一度見てしまったら、気になって気になって・・・
でも、ムダ毛の指摘ってしにくいですよね。


顔の産毛処理はどうしたらいい??


顔の産毛の処理は、基本的にカミソリや電気シェーバーで行う人が多いです。


顔全体の産毛を剃るなら、カミソリがオススメです。
女性はあまり行かないですが、理容店(床屋)では、シェービングサービスがあり、顔剃りを行ってくれます。
蒸しタオルで温めて、顔全体に泡を付けてカミソリで剃っていきます。


シェービングのプロが行う方法なので、この方法が正解なのかな?と思います!


もちろんセルフで行うことも可能です。
使用するカミソリですが、T字カミソリやI字カミソリがおすすめです。


あまりカミソリを使い慣れていない人はT字カミソリが良いでしょう。
また、刃に安全ガードがついているものなら、直接肌に刃が当たらないので肌への負担も少なくなります。


顔の産毛をキレイに剃るPOINT


顔の産毛を剃るにはいくつかのポイントがあります。


顔は凹凸が多い部分なので、一歩間違えると傷つけてしまう可能性も多いです。
1つ目のポイントは、皮膚を少し引っ張りながら剃ることです。


剃る方向とは逆方向に皮膚を引っ張ることで、平らになって剃りやすくなります。


2つ目は部位ごとに毛の流れに剃って剃ります。
顔の上部(おでこ)から順に顎に向けて剃っていきます。


1.生え際・・・輪郭に沿って外側へ剃ります。
2.おでこ、眉間、眉下・・・上から下へ向かって
3.鼻・・・上から下へ向かって
4.もみあげ・・・上から下に向かって
5.頬・・・中央から外側へ向かって
6.広角・・外側から中央へ向かって
7.鼻下・・・上から下へ
8.あご・・・上から下へ


剃った後は、洗顔し冷たいタオルなどで冷やし、保湿をして完了です!


おでこの生え際ってどこまで剃るの??


おでこの生え際のラインって、どこまで剃って良いのか分かりづらいですよね。
産毛が伸びたのか、前髪なのかがイマイチ判断し辛いです。


おでこをキレイに見せるには、生え際と前髪との自然とつなげることが大切です。


おでこの産毛には、処理したほうが良い産毛と、残したほうが良い産毛があります。
残す産毛は、生え際にある1?未満の短く細い毛で、前髪の生え際から1?から2?程度残すと自然な生え際に見えます。


とはいっても、人によっては産毛が長くなってしまっている場合もあります。
この場合、上記のように生え際から1?2?と決めてしまって処理すると、不自然な仕上がりになる可能性もあるのです。


長めの産毛がある場合は、処理せず残して、伸びるまで前髪になじむように横へ流すなどして長さを生かすと良いでしょう。
おでこの産毛の残し方で、顔の印象も大きく左右されるといいます。


おでこと前髪の生え際をぼかすと柔らかく優しい印象を与え、産毛をしっかりなくすと、キリッとしたクールな印象を与えます。


見落としがちなフェイスライン


メイク時など鏡を見る際に、鼻下や眉毛などの産毛をチェックする人は多いでしょう。


しかし、正面から見るだけでは気づきにくい産毛があるのです・・・
それがフェイスラインの産毛です。


フェイスラインの産毛は、正面からではなく斜めから角度を変えてみることでよく見えます。
また、電気の灯りの部屋よりも、日光の光のほうがよく見えます。


もみあげの下や顎下や顎の裏などは多くの産毛が生えているのに気づかずにいる人も少なくないです。


フェイスラインの自己処理はとても難しくやりづらいです。


顔の産毛処理のメリット


顔の産毛がなくなると、メリットがいくつかあります。


・顔のトーンがワントーン明るくなる
産毛は1本1本は細く薄いですが、密集して生えていることで顔色をくすませてしまっています。
産毛がなくなれば本来の肌の色になり、光の反射率もあがり、透明感のあるつやつや肌に見えます。


・メイクのノリが良くなる
産毛がなくなることで、肌が平らになって、メイクの密着率が上がり、メイクのノリもよくなり、崩れにくくなります。


・スキンケアの肌への浸透が良くなる
産毛があることで肌の表面は凸凹していますが、産毛がなくなれば凹凸もなくなって化粧水などのスキンケア成分が肌の内側にまでしっかりと浸透していき、美肌効果もUPします。


・古い角質が除去される
カミソリや脱毛シート・ワックス脱毛などで産毛処理をすると、古い角質を取り除くピーリング効果も期待できます。


古い角質を除去することで、肌の新陳代謝が促進されつるつるのお肌に生まれ変わる効果があるのです。


・ニキビや吹き出物ができにくくなる
ニキビや吹き出物などの肌トラブルは、肌表面に付着した雑菌や皮脂汚れが毛穴に詰まってしまうことでおきます。


雑菌や皮脂汚れは産毛に絡まり、溜まりやすくなってしまうので、産毛を処理することで肌トラブルの予防・改善にも繋がります。


顔脱毛のススメ


顔の産毛をなくすことで得られるメリットは、顔をワントーン明るくするなど「顔の産毛処理のメリット」でも挙げたように色々ありますが、産毛をなくすだけなら自分で顔の産毛を処理するだけでもできますが、顔脱毛をおすすめする理由は大きく2つあります!


それは、自己処理がいらなくなることです。
顔の産毛は生え変わるサイクル 毛周期が短く、1ヶ月から2ヶ月と言われています。


1ヶ月おきに定期的に処理しなければならないので、顔脱毛なら煩わしい処理から解放されます。


2つめは、自己処理よりもキレイに処理できることです。
自己処理の場合、肌の表面から出ている産毛をカットするだけで毛穴の奥には毛は残ったままです。


毛根から引っこ抜こうとすると、毛穴は傷つき、開いたままの状態になり、見た目にも汚く見えます。


脱毛サロンやクリニックで脱毛をすれば、発毛を阻害し毛穴も引き締まり見た目にもキレイな肌へ近づけます。
顔脱毛は、サロンや脱毛方法によって施術回数や照射部位・範囲も異なります。
光脱毛の場合、4回?6回で効果が現れ始め、10回程度で自己処理がほぼいらなくなる程度になります。
顔脱毛を完了するには、平均して12回以上必要とされています。


医療レーザー脱毛は、1回の効果が高いので光脱毛よりも回数が少なくてすみます。
また、眉下の範囲は眼球に近いので医療機関での脱毛、もしくはニードル脱毛での処理に限られます。


顔脱毛で得られる副次効果


光脱毛や医療レーザー脱毛で、顔脱毛を行うと、顔の産毛がなくなるだけでなく他にも嬉しい効果が期待できます!


光脱毛(IPL)に使われる光は、エステのフォトフェイシャルを同じ効果が期待できます。
IPLの光が肌の真皮層にまで届き、コラーゲンやエラスチンの生成を促進します。


肌のターンオーバーは通常 28日程度とされていますが、加齢や生活環境、乾燥などで肌のターンオーバーは乱れてしまい、シワやたるみの原因になります。
コラーゲンやエラスチンの生成が促進されることで、肌のターンオーバーも整い 美肌へと繋がります。


また、シミやソバカスを予防・改善する効果もあります。


基底層にあるメラノサイトが紫外線や外部刺激によってメラニン色素を生成させて、色素沈着することでシミやソバカスができてしまいます。
肌のターンオーバーが正常化されると色素沈着した細胞が角質層へと押し出されていき、シミを予防・改善してくれるのです。


クリニックでの医療レーザー脱毛は、光脱毛のようにシミやシワなどの改善が期待できるのはもちろんですが、ホクロも薄くなる可能性があるのです。
光脱毛はホクロを避けて施術しなければいけませんが、医療レーザーならホクロがあっても照射することができ、ホクロを薄くできるようです。(*左右非対称、色がまだらなどのホクロは悪性黒色腫になる可能性があるため、避けて施術されます)


まとめ


顔は凹凸が多く、フェイスラインやもみあげ、生え際など自己処理が難しい箇所です。


自己処理でも、産毛を取り除くことで肌を明るく見せたり、メイクのノリや、スキンケアの浸透率を上げることも可能ですが、顔脱毛をすることで面倒な自己処理も必要なくなるだけでなく、フォトエステのような効果もきたいでき、キレイな仕上がりになるので、おすすめの脱毛部位です。


他の部位を脱毛するよりも、回数が必要なので料金はややお高めのところが多いですが、脱毛とエステ効果が同時に得られるならお得なような気もします!






eワラント