脱毛お役立ち情報

脱毛後にムダ毛が抜けるタイミングは?抜けないと感じる理由と対処法

脱毛したらどれくらいのタイミングでムダ毛が抜けるかご存知でしょうか。
脱毛したのになかなかムダ毛が抜けないと全然脱毛できてないのではと心配になりますよね。脱毛してからどれくらいでムダ毛が抜けるのか、1回の脱毛でどれくらいの抜けるのかなど解説していきます。


また、ムダ毛が抜けなかった場合の対処法や、脱毛の効果を上げる方法なども紹介していますので参考になればと思います。


脱毛後、ムダ毛が抜けるタイミング


照射してもらったらすぐにムダ毛が抜けるわけではありません。
脱毛後は、脱毛してなかったときと同じようにどんどんムダ毛が伸びてきます。(ムダ毛が成長して伸びているのではなく、少しずつ押し出されています。)


約2週間後くらいになると、ムダ毛がポロポロと抜けはじめます。一度に抜けるわけではなく徐々にムダ毛が減っていく感じです。
痛みがなくポロポロ抜けたムダ毛は脱毛の効果があった証拠です。


もし、なかなか抜けなくて どうしても気になってしまう人は、指でそっとムダ毛を引っ張ってみてください。痛みが全くなくスルッと抜ければ脱毛の効果があったムダ毛です。
逆にいつものように痛みを感じるのであれば、そのまま生やしておきましょう。休止期のムダ毛でこれから自然に抜けていく毛、または脱毛後に生えてきた新しいムダ毛で次回の脱毛時に照射され抜けるムダ毛なので絶対に抜いてはいけません。


今生えているムダ毛が全部一気に抜けるわけではない


脱毛は、成長期のムダ毛に効果を発揮します。
今生えているムダ毛が全部 成長期のムダ毛ではありません。見えているムダ毛の中には、休止期のムダ毛や、皮膚の中にいた成長期初期のムダ毛には脱毛の効果が少なく抜けずにそのまま生えてきます。


全部のムダ毛がなくなるわけではないので、脱毛の効果がなかったのかな?と心配になりますが、休止期や成長期初期のムダ毛は生えてくると覚えておきましょう。
これは、スタッフによる照射漏れやパワーの設定ミスではありません。照射に反応しないムダ毛だったということです。


生えてきたムダ毛が気になるという人は、電気シェーバーで剃って処理しましょう。


VIO・うぶ毛は抜けにくい


・VIOは照射のパワー設定が弱い


VIOの脱毛は痛みを強く感じやすい部位なので、脱毛機のパワー設定を弱くしています。それに加えてVIOのムダ毛は濃く太いので弱いパワーではダメージが足りないことがあり、抜けないということが起きます。
とくに、脱毛サロンの脱毛機は出力は医療用レーザー脱毛機と比べてパワーが弱いので、なかなか抜けないことがあるようです。
もし脱毛サロンでは効果が薄いという人は、美容クリニックの医療用レーザー脱毛に乗り換えることを検討してみるといいでしょう。


・うぶ毛は反応しにくい


脱毛機の光(レーザー)はメラニン色素(黒い色)に反応してムダ毛にダメージを与え脱毛しています。うぶ毛はこのメラニン色素(黒い色)が薄いため照射しても反応が少なく、なかなか抜けません。
最近の新しい脱毛方法に「SHR脱毛」があります。この脱毛方法であれば、うぶ毛にも効果があるのでツルツルまでもう少しという人はSHR脱毛の脱毛サロンや、クリニックでは「メディオスターNeXT PRO」「ソプラノアイスプラチナム」という脱毛機があるところで脱毛することをおすすめします。


3週間経ってもムダ毛が抜けない


・一部分のムダ毛が残った


 一部分のムダ毛だけが残った場合は、その部分だけ照射されなかったスタッフによるミスです。照射漏れが起きやすい部位は「VIO・ひざの皿・ヒジ・足首のへこんでいる部分、フェイスライン」など骨の上やおうとつがあるところです。


 気がついたらすぐに脱毛サロンやクリニックに連絡しましょう。2週間から1ヶ月以内であれば無料で再照射してくれるところがほとんどです。
 これから脱毛に通おうと考えている人はカウンセリング時に、「照射漏れがあった場合、何日までに連絡をしたら再照射できるのか」「再照射に料金がかかるのか」という点を確認しておくと安心です。


 また、剃り残しがあった場合はその部分だけ照射してもらえない脱毛サロンやクリニックがあります。剃り残しで脱毛できないのはもったいないです。しっかりシェービングして脱毛に挑みましょう。


・全体的にムダ毛が抜けなかった


 全体的にムダ毛が抜けなかった原因は、脱毛機のパワーが弱かったと考えられます。初回は肌の様子を見るためにも低めに設定することがあるようですが、2回目でほとんど抜けないようであれば出力が弱すぎのだと思います。
 「前回ほとんど抜けなかったので、パワーを上げてもらえますか」と言ってみるといいでしょう。肌の状態と痛みを確認しながら調節してくれます。


脱毛後ムダ毛を抜けやすくするポイント


1)保湿


脱毛で最も重要なのが「保湿」です。
脱毛と保湿は一見なんの関係もなさそうですが、保湿された肌と乾燥している肌とでは脱毛の効果に差が出てきます。肌が乾燥しているとムダ毛が抜けにくくなるのです。
わたしの通っている脱毛サロンでは脱毛前に肌の水分チェックがあります。30%以下だと脱毛してもらえず次回予約して帰されます。それだけ脱毛には保湿が重要なのです。


もし脱毛の効果がイマイチと思っている人は保湿が足りていないのかもしれません。基本的に脱毛に通っている間は毎日保湿をこころがけたいところですが、どうしても面倒という人は最低でも脱毛予約日の1週間前には保湿をし始めましょう。


2)毛抜きNG


脱毛に通っている間は絶対にムダ毛を抜いてはいけません。
脱毛の光やレーザーはムダ毛の根っこ(毛包)に照射することでダメージを与え脱毛しています。ムダ毛を抜いてしまうとダメージを与えることができず、また次生えてくるまで長期間かかってしまいます。


脱毛期間中は、毛抜きでムダ毛を抜くのは絶対にやめましょう。脱毛の回数を増やさないといけなくなるだけで何のメリットもありません。


3)日焼けしない


脱毛期間中は「日焼けNG」です。
肌が黒くなることで、脱毛機のパワーを下げないと脱毛できなくなります。脱毛の光やレーザーは黒い色に反応するので、肌の色にも反応してしまいヤケドの可能性も高くなりパワーを下げるしかありません。


わたしの通っている脱毛サロンでは、肌の色とムダ毛の色を見て脱毛OKか判断しています。夏にうっかり日焼けしてしまったのですが、日焼けによる炎症の可能性と、肌の色をスタッフがしっかり見てくれた結果、脱毛NG判定になってしまいました。次に脱毛できたのは日焼けが落ち着いた1ヶ月後でした。


日焼けによる影響は、肌が黒くなると脱毛機のパワーを下げなくてはいけないだけでなく、日焼けによる乾燥、肌の炎症によって脱毛しにくい状態になってしまいます。
白く保湿された肌が脱毛の効果を最大限にしてくれるので、脱毛期間中は肌の状態を意識して生活しましょう。


まとめ


・脱毛してすぐはムダ毛が抜けない
・2周間後くらいからポロポロとムダ毛が抜けはじめる
・痛みがあるムダ毛は抜いてはいけない
・部分的にムダ毛が残ったときは、照射漏れか剃り残しが原因
・全体的に抜けなかったときは、照射パワーが低かったか、肌の状態がよくなかった
・照射漏れがあった場合の対応を確認しておく。
  照射後いつまでに連絡すればいいのか
  再照射してもらえるか
  再照射は有料か
・伸びてきたムダ毛の処理は電気シェーバー(カミソリ?)






eワラント