脱毛お役立ち情報

男性ホルモンの割合が増えるとムダ毛が濃くなる?ホルモンバランスを整えるには?

最近、今まで生えていなかったはずの場所に、太いムダ毛が生えてきた人はいませんか?


例えば、女性でアゴに太いヒゲが数本生えてきた、へそ下に太い毛が生えてきた、足の付根までムダ毛が生えるようになってきたなどです。


わたしは、数年前からアゴに1本太い毛が生えるようになりました。気がつくと生えてて、毛抜きで抜いてます。まだダンナには、このヒゲの存在を知られていないのですが、もし見られたらきっとドン引きだと思います。


ある日突然生えてきた太いムダ毛たちは、ホルモンバランスによって生えてきます。
ホルモンバランスとムダ毛について、ホルモンバランスの整え方などを解説していきます。太いムダ毛に悩む人の参考になればと思います。


太いムダ毛が生える原因


男性でも女性でも、どちらにも男性ホルモンと女性ホルモン両方持っています。男性には男性ホルモンだけ、女性には女性ホルモンだけというわけではありません。男女ともに両方の性ホルモンをもっています。


女性の持っている男性ホルモン(テストステロン)の量は男性の1/10から1/20くらいです。男性の持っている男性ホルモンと比べて、女性が持っている男性ホルモンの量はかなり少ない割合です。


太いムダ毛は、通常のホルモンバランスより男性ホルモンの割合が多くなってしまったときに生えてきます。


女性ホルモンの分泌が悪いと男性ホルモンの割合が増えてしまったり、男性ホルモンの分泌が増えても男性ホルモンの割合が多くなっていしまします。


ホルモンの影響を受ける毛について


体毛には3つのタイプがあります。タイプによって性ホルモンの影響が異なります。


1)無性毛・・・性ホルモンの影響を受けない毛(まゆ毛・まつ毛・手足の毛・髪の毛の側頭部と後頭部)


2)両性毛・・・男女ともに性ホルモンの影響がある毛(ワキ毛・Iライン・Oライン)


3)男性毛・・・男性ホルモンの影響がある毛、男性にしか生えない毛(ひげ・胸毛・背中・耳毛・手足の硬い毛・Vライン・Vライン上部・髪の毛の前頭部と頭頂部)


今まで生えていなかったところに太いムダ毛が生えてきた場合は、3つ目の男性毛になります。男性にしか生えない毛と説明しましたが、男性ホルモンが多くなってしまうと女性でもヒゲが生えてきたり、髪の毛が薄くなることがあります。


ホルモンバランスが乱れる原因


ホルモンバランスの乱れといわれても、今女性ホルモン足りてないなーとか、男性ホルモン出過ぎてるなーという実感でないですよね。なかなか変化を実感しにくいホルモンバランスなので、どんなことをしたらホルモンバランスが崩れてしまうのか見ていきましょう。


□ホルモンバランスが乱れる原因
 ・食生活の乱れ
 ・タバコ
 ・睡眠不足(夜型の生活)
 ・過度のダイエット
 ・ストレス
 ・妊娠、出産、更年期障害


変化に気が付きにくいホルモンバランスですが、毎日の生活を気をつけることでバランスを整えたり、女性ホルモンの働きをUPすることができます。
食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなど、ホルモンバランス以外の体調不良の原因であったり、肥満の原因になる内容と同じです。健康的な生活を送ることで、ホルモンバランスを含め体調を整えることができます。


ホルモンバランスを整える


男性ホルモン(テストステロン)は体毛を濃くする働きがあるので、できるだけ減らしたいと思いますが、男性ホルモンには筋肉や骨をつくる大事な働きもあります。


ホルモンバランスは割合なので、男性ホルモンを減らすのではなく、女性ホルモンを増やすことでホルモンバランスを整えムダ毛を薄くしていくことができます。


□女性ホルモンの増やし方


・大豆製品を摂る

大豆には大豆イソフラボンといって女性ホルモンに似た働きをする成分があります。大豆製品は、豆腐、豆乳、納豆、味噌など。


女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つがあります。
エストロゲンは、生理後から排卵までに多く分泌されます。美のホルモンとも呼ばれ、体にも心にもイイ働きがあります。
一方、排卵日頃から生理前まで多く分泌されるプロゲステロンは、皮脂の分泌が増え肌荒れを起こしたり、血行が悪くなったり、頭痛、だるさ、イライラ、気分の落ち込みなど体の不調(PMS・月経前症候群)の原因になります。


排卵以降のタイミングで大豆製品を積極的に摂ることで、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが整い、体の不要を改善しやすくなります。


ただし、何でも過剰摂取はNGです。大豆製品の1日の摂取目安量は、豆腐なら1丁、納豆なら小2パック、豆乳なら400ccくらいです。


エクオールという大豆イソフラボンに含まれている女性ホルモンの働きをする成分があります。実は女性の2人に1人は体内でエクオールを作ることができません。大豆製品を摂っているのに効果が薄い人はエクオールを作れない可能性があります。エクオールを作れるかは検査キットで調べることができます。
大豆製品を摂っていても効果が薄いと感じる人、なかなか大豆製品が取れないという人はサプリのエクオールがオススメです。


・女性ホルモンの分泌がよくなるツボ

「百会(ひゃくえ)・膻中(だんちゅう)・天枢(てんすう)」という3つのツボがあります。このツボを押すことで女性ホルモンの分泌がよくなります。また血液やリンパの流れもよくなり、ムダ毛の成長を抑制する効果があります。


百会(ひゃくえ)頭のてっぺんのツボ
 ツボの位置:両耳から頭頂部までを結んだ線と顔の正面のラインが交差する頭のてっぺん
 ツボの押し方:両手を上げて、中指の腹でゆっくり息を吐きながら5秒押します。息を吸いながら3秒で指の力を抜きます。押したとき気持ちいいと感じる程度の強さでいいのですが、痛みを感じた場合は女性ホルモンの分泌が少なくホルモンバランスが乱れていることになります。
 百会(ひゃくえ)の効果:女性ホルモンの分泌UP、自律神経を整える、リラックス効果


膻中(だんちゅう)胸の真ん中のツボ
 ツボの位置:乳頭を線で結んだ中心から少し上
 ツボの押し方:中心から少し上で、押してみて少し痛いと感じる場所を探します。親指の腹で息を吸いながら5秒押します。だんだん力を入れていきましょう。息を吸いながら3秒で指を離していきます。
 膻中(だんちゅう)の効果:女性ホルモンの分泌UP、バストアップ、ストレス緩和、不眠改善


天枢(てんすう)おへその横のツボ
 ツボの位置:おへそから真横の指3本ほどはなれたところ
 ツボの押し方:左右同時に息を吐きながら押し、息を吸いながら力を抜き離す
 天枢(てんすう)の効果:女性ホルモンの分泌UP、冷え性改善、ストレス緩和、肩こり改善、生理不順改善


まとめ

・ホルモンバランスが乱れると男性のような毛がはえてくる
・体毛には「無性毛」「両性毛」「男性毛」3種類ある
・男性ホルモンの割合が増えると男性毛が成長する
・女性ホルモンの分泌をよくすることが対策
・大豆製品の摂取やツボ押しが有効
・バランスの良い食事、良い睡眠、適度な運動、ストレス発散でホルモンバランスが整う






eワラント