脱毛お役立ち情報

脱毛しながら「ホクロ・シミ・毛穴」の改善効果が期待できる医療レーザー脱毛機がある?

脱毛すると「ホクロが消えた」逆に「ホクロが増えた」という噂を聞いたことはありませんか?


脱毛しながら、気になるホクロがなくなったらうれしいですよね。でも、全く逆の噂もあり、脱毛したらホクロが増えたという口コミもあり、そっちが本当なら困ります。
実際、脱毛するとほくろは増えるのでしょうか、または減るのでしょうか。


脱毛とホクロについて詳しく調べたので解説していきます。また、シミや毛穴も脱毛によって改善できるかという点についても紹介します。


ホクロがあるときの脱毛


脱毛サロンや美容クリニックではホクロがあるところには基本的に照射しません。
ホクロにシールを貼って光が当たらないように照射していきます。すべてのホクロにシールを貼るわけではなく、小さかったり、色素が薄いホクロは避けて照射します。


もし、ホクロに照射してしまったらどうなるのでしょう。
ホクロに照射した場合、ヤケドや炎症になることがあります。(ホクロに照射すると必ずヤケドになるわけではありません。)
照射後、ホクロがかさぶたになることがあります。自然にかさぶたが取れるのを待てば問題ありません。ただし、痛みが強い、炎症を起こしている場合は病院で診てもらいましょう。


レーザーで脱毛すると皮膚ガンになるという噂も聞いたことがありませんか。
結果からいうとレーザーの光では皮膚ガンになる心配はないそうです。そもそも皮膚ガンになる原因は強い紫外線で、脱毛のレーザーは赤外線なので皮膚ガンの原因になるとは考えにくいそうです。


ホクロが消える医療レーザー!?


脱毛を続けていると小さなホクロや色素の薄いホクロが目立たなくなったり消えることがあります。


脱毛の医療レーザーはに「YAGレーザー」という種類の機械があります。YAGレーザーはもともとシミ取りのためにつくられた機械です。シミ取り用YAGレーザーと脱毛用YAGレーザーの違いは出力の差で、シミ取り用の方が出力が高いです。
脱毛のYAGレーザーはシミ取りより出力が低いので、必ずシミが取れるとか、ホクロがなくなるということではありません。


何度か脱毛していると、シミが取れたり薄くなったり、ホクロが小さくなったりするケースもあるという程度の効果です。
(もしホクロを完全に取りたい場合は、炭酸ガスレーザーで除去できます。)


照射後、ホクロやシミがかさぶたになった時はレーザーによるダメージがあった証拠です。シミ取りの時と近い状態になっています。かさぶたが1週間から2週間後に剥がれ落ちるのですが、そのときシミやホクロのメラニン色素も一緒に剥がれ落ちることで色素のが薄くなったり、ホクロが小さくなることがあります。


シミ・毛穴に効果がある医療レーザー


医療レーザーに「ジェントルレーズプロ」という脱毛機があります。
ジェントルレーズプロはアレキサンドライトレーザーという波長の短いレーザーで、メラニンの吸収率が一番高いのが特徴です。


メラニンを吸収しやすいジェントルレーズプロは、もともとシミやアザ、ニキビ跡の治療に使われる機械なので、脱毛しながらシミを薄くする効果が期待できます。
また、アレキサンドライトレーザーには肌のコラーゲンの生成をUPする作用があるので、毛穴を引き締め、肌にハリを与え、キメを整えてくれます。
ジェントルレーズプロは脱毛しながらシミが薄くなる効果が期待でき、美肌になる作用もある脱毛機なのです。


しかしジェントルレーズプロにもデメリットがあります。
それは、痛みが強いこと。美容クリニックでは麻酔をつかうことができるので痛みを軽減して脱毛することもできます。ただし麻酔を使っても完全に痛みを消すことはできません。


デメリットがもう1つ。ジェントルレーズプロはメラニンに反応する脱毛機なので、うぶ毛には効果が低いです。また、肌が黒い(日焼けや地黒)と肌のメラニン色素にまで反応してしまいヤケドのリスクが高くなります。色素の濃いシミやホクロは照射することができません。


ホクロからムダ毛が生えている


ホクロからムダ毛が生えて場合、ホクロには照射できないので脱毛することができません。
では、どうしたらいいのか。


ホクロを除去して、その後脱毛します。
ホクロの除去費用はホクロの大きさや除去方法にもよりますが、3,000円から1万円くらいが相場です。美容クリニックだと脱毛のついでにホクロ除去してくれるところもあるので、気になる人は相談してみるといいでしょう。


その他の脱毛方法では、ニードル脱毛があります。
また、新しい脱毛方法で蓄熱式のSHR脱毛だと肌の色に関係なく脱毛することができます。SHR脱毛のサロンでホクロの脱毛について相談してみましょう。


脱毛でホクロが増える噂の真実


脱毛してホクロが増えたという人がいますが、実際は脱毛のレーザーでほくろが増えることはありません。
そもそもホクロができる原因は、紫外線を大量に浴びることでメラニン色素が活性化してホクロになります。しかし、脱毛に使われている光は赤外線に近い周波数なので、脱毛の光が原因でホクロができることはありません。


ホクロが増えたと感じる人がいるのは次のことが原因だと考えられます。


・ムダ毛がなくなってホクロが目立つようになった
・加齢によるシミ
・毛穴のヤケド


脱毛後は通常より乾燥しやすいので、保湿ケアが十分でないとターンオーバーがされにくくメラニンが排出されずシミの原因になってしまいます。
また、もともと皮膚の奥にあったシミが加齢とともに表面に出てきたタイミングと脱毛のタイミングが同じだった場合、シミ(ホクロ)が増えたと感じるケースもあります。


脱毛で毛穴がヤケドすることがあります。この毛穴のヤケドをシミと勘違いすることがあるよですが、毛穴のヤケドであれば1週間から2週間くらいでだんだん薄くなってくるのでご安心を。痛みが炎症がヒドい場合は病院で診てもらいましょう。


乾燥によるターンオーバーの遅れや、毛穴のヤケドは保湿することで改善されやすくなります。脱毛と保湿は関係なさそうですが実はすごく重要で、肌の状態をよくするだけでなく、脱毛も保湿されていることでムダ毛が抜けやすくなります。脱毛に通っている期間は毎日保湿してあげましょう。


まとめ


・基本的にホクロには照射しない
・ホクロにはシールを貼って保護する
・小さいホクロ、色素の薄いホクロはそのまま照射することもある
・YAGレーザーはもともとシミ取りの機械(脱毛でホクロやシミが取れることもある)
・ジェントルレーズプロはシミやアザ、ニキビ跡の治療に効果のある機械(痛い)
・レーザーを照射してもホクロは増えない






eワラント